LIVE-CONFIG(7) Live システムプロジェクト LIVE-CONFIG(7)

名 live-config - システム設定構成要素 説 live-config はブートプロセス中 (後期ユーザ空間) に Live システムを設定する構成要素を収録しています。 設 live-config はブートパラメータまたは設定ファイルから設定できます。両方の仕組みで特定のオプションの設定が指示された場合はブートパラメータを設定ファイルよりも優先します。保持機能を使っている場合、live-con‐ fig 構成要素は一度だけ実行されます。 live-build(7) を使って Live システムをビルドした場合にデフォルトで利用される live-config パラメータは --bootappend-live オプションによりセットできます。lb_con‐ fig(1) マニュアルページを見てください。 ブ live-config はブートパラメータとして「boot=live」が与えられた場合にのみ有効になります。さらに、live-con‐ fig は「live-config.compo‐ nents」パラメータによりどの構成要素を実行するか、あるいは「live-con‐ fig.nocompo‐ nents」パラメータによりどの構成要素を実行しないのか指示する必要があります。「live-con‐ fig.components」と「live-config.nocompo‐ nents」が両方とも使われた、あるいは一方が複数回指定された場合は、後で指定されたものが先に指定されたものよりも常に優先されます。 live-config.components | components 構成要素は全て実行されます。これは Live イメージのデフォルトです。 live-config.components=構成要素1,構成要素2, ... 構成要素n | compo‐ nents=構成要素1,構成要素2, ... 構成要素n 指定した構成要素だけが実行されます。順序が重要であることに注意してください。例えば「live-con‐ fig.components=sudo,user-setup」は、sudo の設定前にユーザを追加しておく必要があるため機能しません。実行順については /lib/live/config にある構成要素のファイル名を見てください。 live-config.nocomponents | nocomponents 構成要素は何も実行されません。これは「live-config.compo‐ nents」や「live-config.nocomponents」を何も指定しないのと同じです。 live-config.nocomponents=構成要素1,構成要素2, ... 構成要素n | nocompo‐ nents=構成要素1,構成要素2, ... 構成要素n 構成要素は指定されたものを除いて全て実行されます。 ブ 個々の構成要素の一部はブートパラメータにより挙動を変更できます。 live-config.debconf-preseed=filesystem|medium|URL1|URL2| ... |URLn | debconf-preseed=medium|filesystem|URL1|URL2| ... |URLn debconf データベースに適用する debconf の preseed ファイルを取得、適用します。URL は wget により取得できるもの (http、 ftp、 file:// のどれか) でないといけないことに注意してください ファイルが Live メディア上にある場合は file:///lib/live/mount/medium/ファイル、Live システム自体のルートファイルシステムにある場合は file:///ファイル で取得できます。 「filesystem」というキーワードを使って、Live システムのルートファイルシステム中の /lib/live/config-preseed/ にある preseed ファイルを全て自動的に有効化できます。 「medium」というキーワードを使って、Live メディアの /live/con‐ fig-preseed/ にある preseed ファイルを全て自動的に有効化できます。 複数の仕組みを組み合わせた場合はファイルシステムの preseed ファイルがまず適用され、それからメディアの preseed ファイル、最後にネットワークの preseed ファイルが適用されます。 live-config.hostname=ホスト名 | hostname=ホスト名 システムのホスト名をセットします。デフォルトは「debian」です。 live-config.username=ユーザ名 | username=ユーザ名 自動ログイン用に作成するユーザの名前をセットします。デフォルトは「user」です。 live-config.user-default-groups=グループ1,グループ2 ... グループn | user-default-groups=グループ1,グループ2 ... グループn 自動ログイン用に作成するユーザがメンバーとなるデフォルトのグループをセットします。デフォルトは「audio cdrom dip floppy video plugdev netdev powerdev scanner blue‐ tooth」です。 live-config.user-fullname="ユーザのフルネーム" | user-full‐ name="ユーザのフルネーム" 自動ログイン用に作成するユーザのフルネームをセットします。Debian でのデフォルトは「Debian Live user」です。 live-config.locales=ロケール1,ロケール2 ... ロケールn | locales=ロケール1,ロケール2 ... ロケールn システムのロケール、例えば「de_CH.UTF-8」をセットします。デフォルトは「en_US.UTF-8」です。選択したロケールが既に利用できるようになっていない場合はその場で自動的に生成されます。 live-config.timezone=タイムゾーン | timezone=タイムゾーン システムのタイムゾーン、例えば「Europe/Zurich」をセットします。デフォルトは「UTC」です。 live-config.keyboard-model=キーボードの種類 | key‐ board-model=キーボードの種類 キーボードの種類を変更します。デフォルト値はセットされていません。 live-config.keyboard-lay‐ outs=キーボードレイアウト1,キーボードレイアウト2 ... キーボードレイアウトn | keyboard-lay‐ outs=キーボードレイアウト1,キーボードレイアウト2 ... キーボードレイアウトn キーボードレイアウトを変更します。複数指定した場合は X11 からデスクトップ環境のツールを使うと切り替えることができます。デフォルト値はセットされていません。 live-config.keyboard-variants=キーボード配列1,キーボード配列2 ... キーボード配列n | keyboard-variants=キーボード配列1,キーボード配列2 ... キーボード配列n キーボード配列を変更します。複数指定する場合は指定した順にキーボードレイアウトの設定と一対一で対応するため、値をそれぞれ同数指定するようにしてください。空白を指定できます。X11 からデスクトップ環境のツールを使うとレイアウトと配列のそれぞれの組を切り替えることができます。デフォルト値はセットされていません。 live-config.keyboard-options=キーボードオプション | key‐ board-options=キーボードオプション キーボードオプションを変更します。デフォルト値はセットされていません。 live-config.sysv-rc=サービス1,サービス2 ... サービスn | sysv-rc=サービス1,サービス2 ... サービスn update-rc.d から sysv サービスを無効化します。 live-config.utc=yes|no | utc=yes|no ハードウェア時刻が UTC でセットされているとシステムが仮定するか否かを変更します。デフォルトは「yes」です。 live-config.x-session-manager=Xセッションマネージャ | x-session-man‐ ager=Xセッションマネージャ update-alternatives から x-session-manager をセットします。 live-config.xorg-driver=XORGドライバ | xorg-driver=XORGドライバ xorg ドライバを自動検出に代えてセットします。Live システム内の /usr/share/live/config/xserver-xorg/ドライバ.ids で PCI ID が指定された場合は対象デバイスについてそのドライバを強制的に使います。ブートパラメータと別の設定が両方ともある場合はブートパラメータが優先されます。 live-config.xorg-resolution=XORG解像度 | xorg-resolution=XORG解像度 xorg 解像度を自動検出に代えてセットします。例えば 1024x768。 live-config.wlan-driver=WLANドライバ | wlan-driver=WLANドライバ WLAN ドライバを自動検出に代えてセットします。Live システム内の /usr/share/live/config/broadcom-sta/ドライバ.ids で PCI ID が指定された場合は対象デバイスについてそのドライバを強制的に使います。ブートパラメータと別の設定が両方ともある場合はブートパラメータが優先されます。 live-config.hooks=filesystem|medium|URL1|URL2| ... |URLn | hooks=medium|filesystem|URL1|URL2| ... |URLn 任意のファイルを取得、実行します。URL は wget により取得できるもの (http、 ftp、 file:// のどれか) でないといけないことと、そのファイルは実行中の Live システムの /tmp で実行されること、そのファイルが何かに依存している場合はそれが既にインストールされている必要があることに注意してください。例えば python スクリプトを実行するのであればそのシステムには python がインストールされている必要があります。一般的な活用事例の一部について、そのためのフックが /usr/share/doc/live-config/examples/hooks/ や <http://live-sys‐ tems.org/other/hooks> からいくらか利用できるようになっています。 ファイルが Live メディア上にある場合は file:///lib/live/mount/medium/ファイル、Live システム自体のルートファイルシステムにある場合は file:///ファイル で取得できます。 「filesystem」というキーワードにより、Live システムのルートファイルシステムの /lib/live/config-hooks/ にあるフックを全て自動的に有効化することができます。 「medium」というキーワードにより、Live メディアの /live/con‐ fig-hooks/ にあるフックを全て自動的に有効化することができます。 複数の仕組みを組み合わせた場合はファイルシステムのフックがまず実行され、それからメディアのフック、最後にネットワークのフックが実行されます。 ブ 個々のパラメータを複数組み合わせる必要がある一般的な活用事例の一部については live-config がショートカットを提供しています。これにより、全オプションについて細かな指示を出しつつ、同時にパラメータを単純なものにしておくことができます。 live-config.noroot | noroot sudo と policykit を無効にします。ユーザがそのシステムの root 権限を得ることはできなくなります。 live-config.noautologin | noautologin 自動化でのコンソールログインとグラフィカルな自動ログインを両方とも無効にします。 live-config.nottyautologin | nottyautologin 自動化でのコンソールログインを無効にします。グラフィカルな自動ログインには影響しません。 live-config.nox11autologin | nox11autologin あらゆるディスプレイマネージャによる自動化でのログインを無効にします。tty の自動ログインには影響しません。 ブ 特定用途向けに特別なブートパラメータがいくつかあります。 live-config.debug | debug live-config のデバッグ用出力を有効化します。 設 live-config は設定ファイルにより設定 (ただし有効化しない) することができます。ブートパラメータにより設定できるものはショートカットを除いて全てファイルによる設定もできます。設定ファイルを使う場合でも live-config を有効化するためには「boot=live」パラメータが必要となります。 注 LINE 変数に配置する (好ましい) か、変数を個々にセットすることができます。個々にセットする場合、有効な設定を作成するためにユーザは必ず必要な変数を全てセットすることが要求されます。 設定ファイルはルートファイルシステム自体 (/etc/live/config.conf、 /etc/live/config/*)、 または Live メディア (live/config.conf、 live/config/*) に配置できます。特定のオプションについて両方に配置されている場合はルートファイルシステムにあるものよりも Live メディアにあるものを優先します。 設定ディレクトリに置かれる設定ファイルには特定の名前や拡張子が要求されるわけではありませんが、命名規則を整合性のため「ven‐ dor.conf」や「project.conf」のようにすることを提案します (「ven‐ dor」や「project」は実際の名前に置き換え、ファイル名は「progress-linux.conf」のようになります)。 設定ファイルの実際の内容は以下の変数 (群) で構成されます。 LIVE_CONFIG_CMDLINE=パラメータ1 パラメータ2 ... パラメータn この変数はブートローダのコマンドラインに相当します。 LIVE_CONFIG_COMPONENTS=構成要素1,構成要素2, ... 構成要素n この変数は「live-config.components=構成要素1,構成要素2, ... 構成要素n」パラメータに相当します。 LIVE_CONFIG_NOCOMPONENTS=構成要素1,構成要素2, ... 構成要素n この変数は「live-config.nocomponents=構成要素1,構成要素2, ... 構成要素n」パラメータに相当します。 LIVE_DEBCONF_PRESEED=filesystem|medium|URL1|URL2| ... |URLn この変数は「live-config.debconf-preseed=filesys‐ tem|medium|URL1|URL2| ... |URLn」パラメータに相当します。 LIVE_HOSTNAME=ホスト名 この変数は「live-config.hostname=ホスト名」パラメータに相当します。 LIVE_USERNAME=ユーザ名 この変数は「live-config.username=ユーザ名」パラメータに相当します。 LIVE_USER_DEFAULT_GROUPS=グループ1,グループ2 ... グループn この変数は「live-config.user-default-groups="グループ1,グループ2 ... グループn"」パラメータに相当します。 LIVE_USER_FULLNAME="ユーザのフルネーム" この変数は「live-config.user-full‐ name="ユーザのフルネーム"」パラメータに相当します。 LIVE_LOCALES=ロケール1,ロケール2 ... ロケールn この変数は「live-config.locales=ロケール1,ロケール2 ... ロケールn」パラメータに相当します。 LIVE_TIMEZONE=タイムゾーン この変数は「live-config.time‐ zone=タイムゾーン」パラメータに相当します。 LIVE_KEYBOARD_MODEL=キーボードの種類 この変数は「live-config.key‐ board-model=キーボードの種類」パラメータに相当します。 LIVE_KEYBOARD_LAYOUTS=キーボードレイアウト1,キーボードレイアウト2 ... キーボードレイアウトn この変数は「live-config.keyboard-lay‐ outs=キーボードレイアウト1,キーボードレイアウト2 ... キーボードレイアウトn」パラメータに相当します。 LIVE_KEYBOARD_VARIANTS=キーボード配列1,キーボード配列2 ... キーボード配列n この変数は「live-config.keyboard-vari‐ ants=キーボード配列1,キーボード配列2 ... キーボード配列n」パラメータに相当します。 LIVE_KEYBOARD_OPTIONS=キーボードオプション この変数は「live-config.key‐ board-options=キーボードオプション」パラメータに相当します。 LIVE_SYSV_RC=サービス1,サービス2 ... サービスn この変数は「live-config.sysv-rc=サービス1,サービス2 ... サービスn」パラメータに相当します。 LIVE_UTC=yes|no この変数は「live-config.utc=yes|no」パラメータに相当します。 LIVE_X_SESSION_MANAGER=Xセッションマネージャ この変数は「live-config.x-session-man‐ ager=Xセッションマネージャ」パラメータに相当します。 LIVE_XORG_DRIVER=XORGドライバ この変数は「live-con‐ fig.xorg-driver=XORGドライバ」パラメータに相当します。 LIVE_XORG_RESOLUTION=XORG解像度 この変数は「live-config.xorg-resolu‐ tion=XORG解像度」パラメータに相当します。 LIVE_WLAN_DRIVER=WLANドライバ この変数は「live-con‐ fig.wlan-driver=WLANドライバ」パラメータに相当します。 LIVE_HOOKS=filesystem|medium|URL1|URL2| ... |URLn この変数は「live-config.hooks=filesystem|medium|URL1|URL2| ... |URLn」パラメータに相当します。 LIVE_CONFIG_DEBUG=true|false この変数は「live-config.debug」パラメータに相当します。 独 live-config は下流プロジェクトやローカル用途向けに簡単に独自化できます。 新 下流プロジェクトは /lib/live/config に自分の構成要素を配置するだけで用は済みます。他に何かする必要はなく、その構成要素はブート中に自動的に呼ばれます。 構成要素は自分専用の Debian パッケージに配置するのが最善です。構成要素の例を収録した見本のパッケージが /usr/share/doc/live-config/examples にあります。 既 独自に改変した live-config パッケージの作成や dpkg-divert の利用を要求せずに健全な方法で構成要素自体を実際に削除することは今のところできません。しかし、上記で説明した live-config.nocomponents の仕組みにより該当する構成要素を無効にすれば同じことが実現できます。無効にする構成要素を常にブートパラメータから指定しないといけないということを避けるためには、上記で説明した設定ファイルを使うようにしてください。 Live システム自体の設定ファイルは自分の Debian パッケージに配置するのが最善です。設定例を収録した見本のパッケージが /usr/share/doc/live-config/examples にあります。 構 live-config では /lib/live/config 中の以下の構成要素が現在有効です。 debconf Live メディアや http/ftp サーバに置かれた任意の preseed ファイルを適用します。 hostname /etc/hostname 及び /etc/hosts を設定します。 user-setup Live ユーザアカウントを追加します。 sudo Live ユーザに sudo 権限を与えます。 locales ロケールを設定します。 locales-all locales-all を設定します。 tzdata /etc/timezone を設定します。 gdm3 gdm3 の自動ログインを設定します。 kdm kdm の自動ログインを設定します。 lightdm lightdm の自動ログインを設定します。 lxdm lxdm の自動ログインを設定します。 nodm nodm の自動ログインを設定します。 slim slim の自動ログインを設定します。 xinit xinit を使って自動ログインを設定します。 keyboard-configuration キーボードを設定します。 sysvinit sysvinit を設定します。 sysv-rc 一覧にあるサービスを無効にして sysv-rc を設定します。 login lastlog を無効にします。 apport apport を無効にします。 gnome-panel-data を無効にします。 gnome-power-manager ハイバネーションを無効にします。 gnome-screensaver 画面をロックするスクリーンセーバーを無効にします。 kaboom KDE 移行ウイザードを無効にします (squeeze 以降)。 kde-services 望まれていない KDE サービスの一部を無効にします (squeeze 以降)。 debian-installer-launcher ユーザのデスクトップに debian-installer-launcher を追加します。 policykit policykit を使ってユーザ権限を与えます。 ssl-cert SSL の snake-oil 証明書を再生成します。 update-notifier update-notifier を無効にします。 anacron anacron を無効にします。 util-linux util-linux の hwclock を無効にします。 login lastlog を無効にします。 xserver-xorg xserver-xorg を設定します。 broadcom-sta broadcom-sta WLAN ドライバを設定します。 ureadahead (ubuntu のみ) ureadahead を無効にします。 openssh-server openssh-server のホストキーを再生成します。 xfce4-panel xfce4-panel をデフォルト設定にします。 xscreensaver 画面をロックするスクリーンセーバーを無効にします。 hooks Live メディアや http/ftp サーバに置かれたファイルから任意の任意のコマンドを実行します。 フ /etc/live/config.conf /etc/live/config/* live/config.conf live/config/* /lib/live/config.sh /lib/live/config/ /var/lib/live/config/ /var/log/live/config.log /live/config-hooks/* live/config-hooks/* /live/config-preseed/* live/config-preseed/* 関 live-boot(7) live-build(7) live-tools(7) ホ live-config 及び Live システムプロジェクトについてのさらなる情報は、<http://live-sys‐ tems.org/> のホームページや <http://live-systems.org/manual/> のマニュアルにあります。 バ バグは <http://bugs.debian.org/> にあるバグ追跡システムに live-config パッケージのバグ報告として提出するか、<debian-live@lists.debian.org> にある Live システムのメーリングリスト宛てにメールを書くことにより報告できます。 作 live-config は Daniel Baumann さん <mail@daniel-baumann.ch> により書かれました。 4.0.0-1 2014-08-27 LIVE-CONFIG(7)